Planet B

外資系マーケ部門に所属しながらDesignとBrandingについて思索するブログ。または運命の軌跡を辿るPlanetB滞在記。

何かをしたければ、それをしたいと思っている人でなければ出来ないということ。

先週・今週は非常に忙しかった。

大事な会議が続き、日中ずっと集中力のいる作業が続いて神経を使ったみたいだ。金曜日、ついにコーヒーを3杯飲んで気付いた。私はストレスが溜まると珈琲を飲みすぎる癖がある…。溜たまらなくても飲むときは飲むのだが、こういう状況で3杯飲んでるのは概ね間違いない。

 

でも、一番のストレッサーは単純な忙しさではなくて、色々感じてしまったGAPだった。自分が努力することは、それなりに大変ながらも、単純に自分次第。でも、AさんにAさんがレベルアップするために動いてもらうというのは難しい。Aさんがそれを望まない限り。望むように仕向けることは、相手が子供なら必要かもしれないが、立派な大人にそこまで手を出すのもいかがだろうかと思ってしまう。

 

ただ、想像を巡らせてみれば、もしかしたら色々なりたいものがあったかもしれない。でも、否定され続けたり、理不尽なことが続いたりして、考えるのをやめてしまったことだってあり得る。状況が変わって今以上を望まないほど今に満足している、ということもある。そこは、本人が開示しない限りわからない。

 

一つ明らかなのは、何かをしたければ、それをしたいと思っている人でなければ出来ないということ。